提供: newsengokushi

戦国史Wikiです。

Googleで検索すると「モバイルフレンドリーではありません」と出てきますが、基本的にPCのゲームのサイトだし、Modernスキンのほうが個人的によいのでそのまま。SEO的にはよろしくないんだろうけど
(登録利用者は個人設定から変えられます。)

なんかいろいろいじったらフォントが変わったっぽいです

(2017/03/19)とりあえず今は安定しているのでこちらを使い続けることにします。

1548年 飯岡城の戦いから転送)
移動: 案内検索
シナリオ情報
シナリオ名 三国志
作者名 46Neko
公開日 2013年12月21日
ジャンル 三国志?
開始年月 220年1月
大名数 3
城数 3
武将数 6
動作環境 SE○ FE○ 旧△
URL アップローダ

三国志(さんごくし)とは、46Neko氏(現・Hosaka氏)作成の戦国史のシナリオの一つ。ここでは、同シナリオに同梱されている「三国志+」及び「1548年 飯岡城の戦い」についても解説する。

あらすじ[編集]

“Symple is best.“
三国志です。
城数、3。 武将数、6。
製作時間20分、史上最悪の手抜き作品ですが、よろしくおねがいします。
武将は適当です。この時代、もう曹操と周楡はいませんが、気にしないで下さい。
C Hosaka264(46Neko) 2013-2016.
元ネタ(インスパイヤ元)
三國志2002
http://www.geocities.jp/tokuou_douyo/sangokushi2002.html

(OPより引用)

概要[編集]

なんといってもこのシナリオの特徴は、「城が3つのみ」かつ「大名家が魏呉蜀の3つ」であり、かつ「国力が同等」と言う点である。

そのため、どの勢力でも勝利の可能性はある。ただし、若干蜀が有利か。

作成時間・プレイ時間ともにおそらく最も短いシナリオであろう。

難易度[編集]

E  魏 呉
E- 蜀

その他シナリオ[編集]

三国志+[編集]

シナリオ情報
シナリオ名 三国志2
作者名 46Neko
公開日 2013年12月21日
ジャンル 三国志?
開始年月 220年1月
大名数 8
城数 10
武将数 11
動作環境 SE○ FE○ 旧△
URL アップローダのSangoku.zip内

前作「三国志」より、やや武将が増え(それでも城10の武将11)、そこそこのゲームにはなっている・・・のか?

なお、それでも城数は普通のシナリオよりかなり少ない。軽く遊びたい人向け。

難易度[編集]

A+ その他
A  南蛮 匈奴
D  呉
E  魏
F  蜀


1548年飯岡城の戦い[編集]

シナリオ情報
シナリオ名 1548年 飯岡城の戦い
作者名 46Neko
公開日
ジャンル 城防衛戦
開始年月 1548年5月
大名数 7
城数 38
武将数 29
動作環境 SE◎ FE○ 旧×
URL アップローダのSangoku.zip内

1548年 飯岡城の戦いは、架空の城「飯岡城」をめぐる城攻略戦のシナリオ。

あらすじ[編集]

1548年・・・

坂山家は順調に兵を進め、ついに飯岡家の本城:飯岡城まで詰め寄った。

だが飯岡城は世紀の堅城と言われている。

坂山家はこの城を落とすことが出来るのか・・・?

(OPより引用)

概要[編集]

「三国志」とは同梱されてこそいるものの、かなり毛色が違うシナリオである。

飯岡城主・城攻略隊でのプレイはもちろん、城防衛隊でのプレイも可能。FE版では主街道のみだが、SE版では多くの道があり、その中で主要道を通ったほうが有利であるといった点もある。

途中、主街道で囲まれた場所には農地が、マップ東側には町があり、ここをうまく抑えるかが坂山家の鍵である。

難易度[編集]

S  今浪 高杉 城防衛隊
A  木戸
B  桜
E  攻略隊 (飯岡城主)

余談[編集]

インスパイヤ元の「三國志2002」もまた、魏呉蜀の中から運で敵城を取る、といった形のJavascriptゲームである。

関連項目[編集]